友愛労働歴史館が波多野鼎の写真の提供呼びかけ

日本労働会館(港区)が運営する歴史資料館である友愛労働歴史館が、波多野鼎の写真の提供を呼びかけている。歴史館によれば、片山哲没後40年・片山内閣崩壊70周年を記念して「戦後民主化のリーダー 片山哲」と題する企画展を準備しているが、波多野鼎に関する資料が乏しく、写真に至っては1枚も所蔵していないという。経済学者の波多野鼎は片山内閣の農林大臣を務めた人物で、右派社会党の理論的指導者。戦前から統制経済などに関する著作を数多く残している(アーカイブ)。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。