中核派活動家の男再逮捕 中核派は「大坂支援」否定

警視庁公安部は30日、25日に電磁的公正証書原本不実記録・供用の疑いで逮捕され29日に処分保留となった杉浦文俊容疑者を免状不実記載の疑いで再逮捕した。杉浦容疑者は革命的共産主義者同盟全国委員会(中核派、江戸川区、議長=清水丈夫)の活動家であり、渋谷暴動事件で全国指名手配されていた大阪正明被告の逃亡を支援していたとみられているロイター。中核派は30日付の機関紙『前進』紙上で25日の活動家2名逮捕はでっちあげによるものであり、「革命軍」「大阪被告の支援」はデマであると反論している前進/アーカイブ

中核派では10月26日に道路交通法違反などの疑いで活動家とされる三重県の男性が愛知県警に逮捕産経〔11月15日に起訴前進/アーカイブ〕、10月31日に傘下の全日本学生自治会総連合(全学連、江戸川区、委員長=斎藤郁真)の幹部2名を公務執行妨害容疑で逮捕されている産経〔11月17日に不起訴・釈放前進/アーカイブ〕。

 JP 
中核派活動家を再逮捕、警視庁
https://jp.reuters.com/article/idJP2017113001001719?il=0
 免許証にうその住所を記載したとして、警視庁公安部は30日までに、免状不実記載の疑いで、過激派「中核派」非公然活動家、杉浦文俊容疑者(44)=東京都足立区=を再逮捕した。25日に逮捕された公務執行妨害容疑については29日、処分保留になった。 公安...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。